グレースメディカルクリニック高血圧外来

脳梗塞後遺症リハビリ専門オンライン診療

点鼻薬型の幹細胞培養上清液を用いて脳梗塞の治療を
ご自宅で行えます。(サイトカインカクテル療法)※自由診療

LINEでのオンライン診療申込はこちら

今すぐオンライン診療を予約

サイトカインカクテル療法はどんな症状に効果があるの?半身麻痺、片麻痺、嚥下障害、言語障害、視覚障害、感覚障害、認知障害、運動機能障害
サイトカインカクテル適応疾患 脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、パーキンソン病、脊髄破傷、末梢神経麻痺、アルツハイマー病、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症

サイトカインカクテル(幹細胞培養上清)
点鼻薬療法とは?

脳梗塞(脳溢血)後の後遺症やリハビリ効果が高まる事が報告されている、今注目の新しい治療方法です。

サイトカインカクテル点鼻薬治療法は、脳梗塞の後遺症の軽減やリハビリ効果を高めるため、幹細胞から放出されるサイトカイン(タンパク質)を使用したサイトカインカクテル(幹細胞培養上清液)を点鼻する治療法です。各組織の指令系統を担当するサイトカインを使用するこの治療法では、高い治療効果が期待できるとされています。

※こちらの治療は自由診療となり公的医療保険は適用されません。

サイトカインカクテルには脳内に存在する幹細胞を
活性化・自己修復の促進効果があります。

サイトカインカクテルには下記のような作用が認められており
脳梗塞などの後遺症の症状にもいくつもの改善例が見られます。
サイトカインカクテル点鼻薬療法の改善例はこちら

治療により症状が改善された人の割合は?

治療の成績は19名治療し、そのうち13名の症状が改善しました。 (2021年1月~5月まで)

ご相談のみの場合も
お気軽にお申込みください

診療予約・診察、決済までLINEで完結
グレースメディカルクリニックのオンライン診療はLINEに完全対応しています! 友だち登録してオンライン診療申込にお進みください

LINEでのオンライン診療申込はこちら

※メールでのオンライン診療も可能です。
ご希望のかたはコチラからお申込みください。

サイトカインカクテル
点鼻薬療法の特徴

サイトカインカクテル点鼻薬と
従来の幹細胞注射の価格について

従来の幹細胞注射は一回の治療に約300万円ほどかかり、複数回おこなうことで非常に経済的負担の大きなものでした。
当院でご紹介する「サイトカインカクテル点鼻薬療法」は、一回の治療が66,000円(送料・オンライン診療費込み)(税込)と従来の幹細胞注射の1/50程度の価格で幹細胞培養上清を用いた治療をお試しいただけるものとなっております。

※こちらの治療は自由診療となり公的医療保険は適用されません。

ご自身で対応しやすい点鼻薬方式で完全在宅療養がスムーズに行えます。

点鼻薬型なので皮膚注射と比べ手軽に使用でき、完全自宅療養をされたい方にとても向いています。
まずは1~2週間おきに、次に2~4週間おきに点鼻を行います。

送料無料で日本全国対応。まずはご相談のみの方もお気軽に!

サイトカインカクテル点鼻薬をご購入の方は日本全国送料無料、オンライン診療費込み一回分66,000円(税込)にてお届けいたします。今まで近くの病院では対応不可能だった治療がご自宅で行えます。
最初はお話だけ聞きたい、相談したい事がある、という方はオンライン診療一回3,300円(税込)にて承りますのでまずはお気軽にオンライン診療をご予約ください。

※こちらの治療は自由診療となり公的医療保険は適用されません。

ご相談のみの場合も
お気軽にお申込みください

診療予約・診察、決済までLINEで完結
グレースメディカルクリニックのオンライン診療はLINEに完全対応しています! 友だち登録してオンライン診療申込にお進みください

LINEでのオンライン診療申込はこちら

※メールでのオンライン診療も可能です。
ご希望のかたはコチラからお申込みください。

サイトカインカクテル点鼻薬の
ご使用方法

  • フリーズドライになった幹細胞上清液を使用する量の生理食塩水で溶解します。
  • それを注射器2つに半量ずつわけて取ります。食塩水も注射器もお届けするセットにすべて含まれています。ご自身で買い足していただく物はございません。

  • 使用される方に頭が下がるように横になっていただき、両方の鼻へゆっくり流して行きます。

  • その体勢を10~15分保持して粘膜から吸収させ、治療終了です。このように投与するのは、嗅神経を通って脳内の神経系統に作用すると考えられているからです。

症例のご紹介

CASE01

68歳の男性
3年変わらなかった麻痺部位が投与後数日で少し動くようになった症例

以前より高血圧と糖尿病を指摘され、内服とインシュリン治療をされていました。
当院では平成28年の2月からフォローを開始。

平成28年末頃からめまいなどを少し認めるようになり、視野の半分だけが見えなくなる同名半盲が出現して、眼科を受診し精密検査をすすめられました。
MRIで亜急性期脳梗塞と高度動脈狭窄を認めて抗血小板薬を開始しましたが、平成29年2月にアテローム血栓性脳梗塞を発症。
右片麻痺と失語症、高次機能障害、嚥下障害、構音障害の後遺症を残すことになりました。

自宅で訪問リハビリをしてゆっくりとADLの改善をはかっておられましたが、右麻痺は固定し、手足の関節はやや固くなり、むくみがある、典型的な脳梗塞後遺症の片麻痺状態でした。
とろみがないと水分ではたまにむせもあり、話す言葉は聞き取りにくい状態でした。
その状態が約三年続き、ご本人、ご家族と相談して幹細胞上清液の治療を開始しました。

1回目が終わり、2回目投与するときに「投与後数日したら右手が少し動くようになった」と言われ、早期から効果が見られました。3回目が終わった時には、「足が上がるようになって立ち上がりがスムーズ、言葉も聞き取りやすくなって、ヘルパーさんからも表情がよくなった感じと言われたと仰っていました。

「むせもほとんどなくなり、動きもさらに良くなった。」という状態になり、5回目終了後は「話が聞き取りやすく」なり、脳梗塞後初めて、ご本人から電話をしてくるまでになりました。足もさらにあがり、腕も動くようになり、ご本人もとても満足しておられます。

「よりリハビリにも前向きになり、鬱っぽくなっていたのも良くなり、とてもありがたい治療です」とお話してくださいました。

もしかするともう少し早期から開始ができていたら、もっとスムーズな回復が見込めたかもしれないと考えると残念な部分もありますが、3年固定していた症状が徐々に改善し、本人のストレスが取れ、不自由な生活が少しでも改善できるこの治療を多くの人に知ってもらいたいと思っています。

ご相談のみの場合も
お気軽にお申込みください

診療予約・診察、決済までLINEで完結
グレースメディカルクリニックのオンライン診療はLINEに完全対応しています! 友だち登録してオンライン診療申込にお進みください

LINEでのオンライン診療申込はこちら

※メールでのオンライン診療も可能です。
ご希望のかたはコチラからお申込みください。

CASE02

39歳の男性
麻痺の他、構音障害があったが1回の投与で滑舌に改善が見られた症例

以前より高血圧であることは自覚していましたが放置。体を鍛えることが趣味でよく激しい運動をされていました。

平成30年11月に自宅で倒れ救急搬送。左被殻出血のため入院。状態は悪く生命の危険があるほどでした。
懸命なリハビリを行いましたが、右片麻痺、失語、構音障害の後遺症を残しました。

全く話せなかった状態は少し改善し、以前より聞き取れるようになったようですが、ラ行は言えず、また、途中から筆談をするような状態でした。右下肢は補助具をつけてわずかに歩ける程度にはなりましたが、右手はほとんど動かない状態でした。 定期的にボツリヌス療法を上下肢にされている以外は特に治療はなく、ご自身でリハビリをされていましたが、改善はありませんでした。

本治療開始時はボツリヌス療法の影響のため、すぐの効果は期待できないと考えていましたが、1回投与後に滑舌が少し良くなり、麻痺側にもしっかり体重がかけれるようになりました。
まだボツリヌス療法の影響が残存してるため、今は2週間ごとの投与を予定しています。
まだ数回ではありますが、ご家族からも「違う、変わってきている」と満足する返答を頂いております。

ご相談のみの場合も
お気軽にお申込みください

診療予約・診察、決済までLINEで完結
グレースメディカルクリニックのオンライン診療はLINEに完全対応しています! 友だち登録してオンライン診療申込にお進みください

LINEでのオンライン診療申込はこちら

※メールでのオンライン診療も可能です。
ご希望のかたはコチラからお申込みください。

よくあるご質問

治療期間はどのくらいかかりますか?

この治療が初めての方は、まず週に1回を5週続けます。以降は2週間ごとに投与となります。回数は経過を見て決定しますが2週間に1回を5セット程度続けるのが目安です。できたら9か月くらいを目標にしたいと思っています。
人間の細胞は、生後8~9か月でシナプス密度が最大化されるといわれています。脳細胞の修復にどのくらいの期間が必要かどうかはまだ明らかではありません。一説によると1年ほどかかって入れ替わるとされています。そのため、当院ではこれらのことから、9~12か月ほど継続することをお勧めしております。

治療にかかる平均的な金額はどのくらいでしょう?

1クール5回と考えており、現在は1回66,000円(税込)で行っております。 まず5回施行し、以降は状態を見てとなるのでどの状態でご満足されるかにもよりますが、30万~120万程度でお考えください。 幹細胞注射ですと一回に300万程度がかかりますので、それに比べるとかなり治療費が抑えられ費用対効果の高い治療だと言えるでしょう。※価格はすべて(税込)

どんな人にこの治療はおすすめですか?

・リハビリで思ったような成果が出せていない方
・麻痺で日常生活に制限がかかっている方
・これ以上治らないとあきらめかけている方
以上の方々にこの治療をぜひ試していただきたいです。

オンライン診療の流れ

STEP01

LINEで友だち登録

STEP02

基本情報・問診のご入力

保険証両面(必須)、免許証かその他の身分証明書(ご住所のわかるもの)の写真データをご用意ください。
問診時には直近1年間の健康状態がわかる書類の写真データがあるとスムーズです。

STEP03

オンライン診療

(LINEでのオンライン診療はLINEのチャットで行います。)
問診の確認が完了しましたら順次医師よりご連絡をさしあげます。

STEP04

お支払い

(銀行振込、クレジットカード(1回払いのみ)でのお支払に対応しています。)
診療後、お客様の同意をいただいたうえで処方内容とお支払金額が決定します。
当院より決済のご案内をお送りしますのでお支払いをお願いいたします。
※お支払額はオンライン診療費、検査代、機器費用、お薬代、送料などすべて込みの金額です。病院と処方箋薬局に分けてお支払いの必要はございません。

STEP05

お薬の発送・お受け取り

発送後に到着日などのご案内をお送りします。
お薬はレターパックプラスにてお送りします。

ご相談のみの場合も
お気軽にお申込みください

診療予約・診察、決済までLINEで完結
グレースメディカルクリニックのオンライン診療はLINEに完全対応しています! 友だち登録してオンライン診療申込にお進みください

LINEでのオンライン診療申込はこちら

※メールでのオンライン診療も可能です。
ご希望のかたはコチラからお申込みください。

クリニック情報

担当医師
伊藤 信久 院長

福岡県出身。グレースメディカルクリニック院長
「鹿児島大学医学部」へ進学し卒業後、大学病院へ勤務。
大学病院では、心臓外科医として数多くのオペを中心に多様な臨床経験を重ねてきました。

医院名
グレースメディカルクリニック
診療科目
内科 循環器内科 小児科 糖尿病脂質代謝内科 禁煙外来 在宅診療
施設基準
保険医療機関  生活保護法等指定医療機関
肝炎インターフェロン治療・核酸アナログ製剤治療実施医療機関
難病指定医療機関 指定小児慢性特定疾病医療機関
日本循環器学会 循環器専門医
夜間・早朝等加算 明細書発行体制等加算 時間外対応加算2
ニコチン依存症管理料 在宅療養支援診療所
在宅時医学総合管理料または特定施設入居時等医学総合管理料
所在地
〒862-0916 熊本市東区佐土原1丁目16番36号
電話番号
096-360-9013
FAX
096-360-9014
営業時間
平日 午前8:30~12:00 午後15:00~18:00
木曜 8:30~12:00(午後は休診)
土曜 8:30~12:30(午後は休診)
お休み:日祝日は休診・お盆、年末年始は数日休診予定

オンライン診療(メール)予約フォーム

メールにてオンライン診療を受けられる方専用のお申込フォームです。
LINEでの診療をご希望お客様はコチラから”LINE友だち登録”してご予約にお進みください。

メールでのオンライン診療をご希望のお客様はこちらからお申し込みください。
ご入力完了後メールにて問診、診療予約のご案内をお送りします。
※メールでのオンライン診療は診療予約、診療、決済等すべてのやりとりをメールにて行います

※メールの不達が増えております。@online-sinryou.com のアカウントから来るメールを受け入れる設定にしてご記入に進んでください。

ご希望の診療タイプ
名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
郵便番号
郵便番号検索
市区町村
番地、マンション名等
電話番号
本人確認書類(保険証/表)

※ファイルサイズ上限5M 形式jpg,pngもしくはpdf
本人確認書類(運転免許証/表)

※ファイルサイズ上限5M 形式jpg,pngもしくはpdf
本人確認書類(運転免許証/裏)

※ファイルサイズ上限5M 形式jpg,pngもしくはpdf
1年以内の健康診断の結果
(あるとスムーズです)

※ファイルサイズ上限5M 形式jpg,pngもしくはpdf
医師に伝えたいことがあれば入力して下さい(発症時期、現在のお悩み・状態など)
個人情報のお取り扱いについて